>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 名前の持つ適職
きつねの姓名判断

姓名判断で占う名前の適職

名前を元にした姓名判断を活用することで、自分自身の仕事での適職や方向性を占うことができます。 自分自身や対称となる名前が、どのような能力を持ち、どのような職業に向いているのかを把握することで、仕事での成功と満足が期待できるようになります。 周囲の人や人事の採用や配置などを考慮する際にも、この姓名判断による適職や方向性を占うことは有効的な手法になります。


※姓名判断の流派により診断の仕方は変わります。
姓名判断で占う名前の適職

姓名判断で占う名前の適職 姓名入力

姓名判断で占う名前の適職 姓名入力

入力いただく漢字は普段使用する漢字になります。

姓:   名:

霊数 :  

姓名判断で占う名前の適職 姓名入力
姓名判断で占う名前の適職の結果

姓名判断で占う名前の適職の結果

大竹 まこと」さんの姓名判断で占う名前の適職の方向性の占い結果になります。 名前が持つ潜在能力や将来性がどのようなものなのか判断し、そこから向いている職業を判断しています。 姓名判断は名前だけで占えるのが特徴で、名前が分かれば適職などの方向性を判断することができます。


.
3
天運
9

× 短命
社会運:15
○ 徳望
6
人運:10
× 不遇
外運:7
○ 独立
4
地運
8

○ 根気
2
2

家庭運:14
▼ 物欲
総運:17(17)
○ 威厳
.
陰陽配置:○ ● ● ● ● 接合部:△
同数同格の判定 :

姓名判断で占う名前の適職の結果
姓名判断で占う名前の適職の方向性

姓名判断で占う名前の適職の方向性

大竹 まこと」さんの姓名判断による名前の適職の方向性と可能性になります。 下記の図は、各分野の仕事に対しての向き不向きを表しています。 姓名判断の結果で下記の図の要素が、3となるのが一般的であり、4は適職、5は天職という感じで考えて下さい。 2は不向きであり、1は避けるべき分野という感じで考えるようにしましょう。

運勢図
姓名判断で占う名前の適職の方向性
姓名判断による適職の詳細内容

姓名判断による適職の詳細内容

上記の図にある12の職業の方向性に関して、具体的にはどのような業種や職業があるのかを解説しています。 姓名判断を活用することで、その名前がどのような仕事や業種に向いているのかを判断し、その分野で活動していくことで満足できる結果を手にすることができます。


適職適性のある職務の概要
営業保安営業職全般 警察官 自衛官 消防官 スポーツ関連 インストラクター 運送業
事務財務一般事務 一般総務 経理や会計 実務面全般 安定職 飲食関連業 マネージャー
旅行教育旅行代理店 保幼小中高の教師 家庭教師 声優業 司会業 ツアコン ジャーナリスト
管理家事不動産管理 会社管理職 家事や家事代行 剪定業 職人 管理栄養士 調理師
芸術娯楽趣味娯楽や子供に関する職務 美術館 公営競技場 アイドル 芸能 グラビア
経理美容経理や美容に関する職務 美容や健康 税理や経理 秘書業務 女性向け職種全般
人事接客接客業全般 人事 人材紹介業 一般公務員 俳優業 法律関係全般 相談所
医療金融医師 看護師 不動産業 資産運用 金融業 葬儀関係 鑑定業 裏社会 オカルト
流通広告流通貿易 広告出版 メディア関係 海外事業 外国語 高等教育教授 専門学者
経営政治会社経営 政治職務 会社管理職 上級公務員 実業家 自営業 著名人 社交界
企画開発企画開発 家電全般 芸術発明 SE エンジニア 天文学者 お笑い芸人 タレント業
福祉宗教福祉や宗教関係全般の職務 癒し占い 慈善活動 自由業 スピリチュアル 夜の仕事

姓名判断による適職の詳細内容
Google_Adsense
姓名判断で占う適職と適性の詳細

姓名判断で占う適職と適性の詳細

ここでは姓名判断で名前が持つ各職業への適性や将来性を詳細に解説しています。 どのような分野での仕事が向いているのかを確認し、その向いている方向性の業務を積極的に検討していけると成功することもできます。 自分自身の持つ潜在能力や新たな可能性を模索するのも良いでしょう。


▼適職の詳細説明
適職適性のある職務の概要
営業
保安
評価
C
簡単な営業職や職務であれば、なんとか対応することができます。行動力や決断力に欠けるため、重要な局面を任せられると失敗してしまうことも。無難な営業職として、大勢の中の一人でいることが性に合うといった感じでしょう。
事務
財務
評価
S
実務能力には輝かしいものがあり、その職務の大半を一人で請け負うことができます。職場では必要不可欠な存在となり、輝かしい実績と共に出世の道を歩くことに。非常に高い評価を得て、社会的な成功も期待されることでしょう。
旅行
教育
評価
A
対応能力や企画力に長け、旅行業や教育方面では大きな成功と高い評価を得ることができます。職務は認められ、職場でも必要不可欠な存在となるでしょう。出世や将来性を期待され、持つ能力と才能を余すところなく発揮することができます。
管理
家事
評価
D
自己中心的であり、気遣いや誠実さに欠いてしまうため、管理業や家事方面では問題が多くなります。周囲からの反感は大きく、責任を負うこともできずに人望を失うことも。偏った思い込みや先入観が、評価の足枷となることでしょう。
芸術
娯楽
評価
D
融通が利かず、思考は面白味に欠け、芸術や娯楽方面では周囲のお荷物になってしまうことも。仕事をしても評価されることは無く、充実感も楽しみも得られないことに。日の目を見ることなく、周囲に埋もれてしまう傾向にあります。
経理
美容
評価
D
集中力や思いやりに欠け、経理や美容関係では問題を起こしてしまうことも。大事な場面で問題が大きくなり、周囲の反感を買うことも多くなります。その地位を追われてしまうこともあるため、職務には細心の注意を払うようにしましょう。
人事
接客
評価
C
対人関係への対応力に欠け、人事や接客方面では問題を起こしてしまうことも。反発されてしまうことや、評価が低くなることもあり、職務で悩むことも多いでしょう。なかなか思い通りにいかないことで、職務や職場に不満を抱えることが多くなりそうです。
医療
金融
評価
B
責任感と堅実さを兼ね備え、医療や金融方面での職務で安定した結果を残せます。大きな問題もなく堅実な結果を残せることから、職場では必要な存在となるでしょう。地道に結果を残していくことで、将来も安定した地位が期待できます。
流通
広告
評価
C
少々視野が狭く偏った考え方から、流通広告分野では的違いな仕事をすることが多くなります。周囲に埋もれやすくなることから、職場からの評価を得られず悩むことも。主観や思い込みを捨て、王道を進むことでその立場を守ることができるでしょう。
経営
政治
評価
C
職務に対しての誠実さに欠け、経営や政界では不安定な状況を招くことも。大事な局面で対応と判断を誤り、大きな問題を起こしてしまうこともあります。挑戦するよりも、いかに安定と成功を手にできるか、誠実で堅実な姿勢が求められることになります。
企画
開発
評価
A
非常に優れた発想力と決断力を持ち、企画開発の分野では職場を活気づかせることもできそうです。その仕事内容は高い評価を得て、将来も期待される有望な人材となるでしょう。考え方は周囲からの称賛を集め、創造力は周囲を驚かせることもあります。
福祉
宗教
評価
B
程良い体力と決断力があり、福祉や宗教方面では安定した職務を遂行できるでしょう。特別な結果を残すことは難しくなりますが、無難で安定した内容から評価を得ることはできます。職場での立ち位置も確立され、何かあれば頼りにされるよな存在になります。

姓名判断で占う適職と適性の詳細
姓名判断を利用する時の注意事項

姓名判断を利用する時の注意事項

無料の姓名判断を利用する際の注意事項や、姓名判断の詳細の解説や意味などは下記の内容を参照してください。 姓名判断の基本事項などを理解しておくことで、より有効的に姓名判断を活用することができます。 姓名判断や占い結果に対しての疑問なども、下記の内容を参照することで解消されることでしょう。


姓名判断を利用する時の注意事項
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断