>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 姓名判断で占う運勢
きつねの姓名判断

姓名判断で占う名前の持つ運勢

姓名判断を活用していくことで、その名前の持つ運勢がどのようなものなのかを解明していくことができます。 人生の中で、自分自身や周囲の人がどのような運勢かを理解することにより、有利となる方向性を絞りやすくなり、成功への近道を見つけることができます。 姓名判断の占い結果から、名前の持つ運勢がどの分野に強いのか、どの分野に弱いのかを把握し、自分にとって有利な分野で勝負することで成功と繁栄を手にすることができるでしょう。


※姓名判断の流派により診断の仕方は変わります。
姓名判断で占う名前の持つ運勢

姓名判断で占う名前の持つ運勢 名前入力

姓名判断で占う名前の持つ運勢 名前入力

入力いただく漢字は普段使用する漢字になります。

姓:   名:

霊数 :  

姓名判断で占う名前の持つ運勢 名前入力
姓名判断で占う名前の運勢の結果

姓名判断で占う名前の運勢の結果

森本 レオ」さんの姓名判断による名前の持つ運勢の占い結果になります。 姓名判断では、この画数からの七運の算出が大事になり、この七運から名前の持つ運勢がどのようなものになるのかを占うことができます。


.
12
天運
17

○ 威厳
社会運:18
○ 頑固
5
人運:6
◎ 天徳
外運:15
○ 徳望
1
地運
4

▼ 苦悩
3

家庭運:9
× 短命
総運:21(21)
◎ 頭領
.
陰陽配置:● ○ ○ ○ 接合部:△
同数同格の判定 : 始終人外社家

姓名判断で占う名前の運勢の結果
姓名判断で占う名前の運勢図

姓名判断で占う名前の運勢図

森本 レオ」さんの姓名判断で占う名前の持つ運勢の図になります。 姓名判断の基本となる七運が、どのような状態なのかを図に表すことにより、分かりやすく把握することができます。 良い運勢を積極的に伸ばし、低い運勢の分野では無理をしないというのが姓名判断では大事な点になります。

運勢図
▼姓名判断の各運勢の説明とまとめ
運勢名各運の概要
総合運総合的な運の良さ 努力の成就度合い
恋愛運恋愛への発展度合い 出会いの多さ
結婚運結婚への発展度合い 幸せな家庭度
対人運出会いの多さと良し悪し 人間関係
仕事運遣り甲斐と能力の発揮 仕事の良し悪し
金銭運収入の多さや安定度 お金との縁の良し悪し
勝負運投機や勝負で成功するか
健康運健康度合い 怪我や事故などとの縁

姓名判断で占う名前の運勢図
Google_Adsense
姓名判断で占う運勢の詳細と解説

姓名判断で占う運勢の詳細と解説

姓名判断の占い結果を元に、名前が持つそれぞれの運勢が、どのような傾向にあるのかを分析することができます。 各分野の運勢がどのような状態なのかを把握し、その状態に合せた対応をしていくことで、長所を伸ばし短所を克服することができます。 姓名判断を活用することにより、自分自身や周囲の人の持つ運勢を把握することで、より良い環境づくりをしていくことができます。


運勢の詳細説明
運勢名各運の概要
総合運

評価
3
一般的な安定した普通の人生を過ごせる。苦労もあるが努力で乗り越えられ、努力を重ねることで成功することもできる。周りに埋もれやすく、個性を失うと日の目を見ない人生に。
▼対策・注意点
一般的で大きな問題はないが、そこに安住してしまうと何事も中途半端に。努力と向上心を大事にすることで一つ上の幸せが手に入る。上を目指して挑戦すること。
恋愛運

評価
3
程よく出会いもあり、一般的な恋愛関係を築きやすい。それなりの幸せと安定を享受し、高望みしなければ幸せな恋愛に。他人と比較せず、自分なりの幸せを求めることで成功する。
▼対策・注意点
無難な恋愛と幸せが手に入り安心しやすい。気を抜いて時間を失わないように。惰性にならず、前に進むこと。うまくいっている時に結婚を決めること。
結婚運

評価
2
結婚生活は問題が多くなり、不安定になりやすい。家族はバラバラになりやすく、協調性に欠けてしまう。家庭以外に大事なものがあると、結婚生活が破綻してしまうことも。
▼対策・注意点
家族の足並みが揃わず別々の方向に行こうとしてしまう。共通の目標や方向性を持つこと。結婚する際には結婚後の生活を想像し、相手を間違えないこと。
対人運

評価
4
人間関係には恵まれ、特に不自由はない状態に。友達も多く、交友関係は広くなる傾向。目的に見合う人間関係が形成できると、一歩上のより良い人間関係に変えることもできる。
▼対策・注意点
交友関係を広げようとすると、問題のある人脈を掘り当ててしまうことも。目的に見合わない付き合いを手広くしても、交友関係が重荷になるばかり。
仕事運

評価
4
良い環境で良い流れで仕事をしていける。苦労はあっても乗り越える能力は持つ。努力はそれなりに報われるが、目立たないため評価は伸び悩むことも。実務能力を兼ね備えた頼りになる人。
▼対策・注意点
仕事はできますが印象が薄くなりやすいため、評価されにくいのが難点。もう少し自分を前面に押せると評価されやすい。自分の仕事に自信を持つこと。
金銭運

評価
3
金銭面では少々物足りなく感じることが多い傾向にある。欲を出すと不満が募りやすい。得られる収入よりも支出する額の方が多くなりやすい。気を抜くとすぐに困窮することもある。
▼対策・注意点
浪費に注意し、身の丈に合う生活を。得られる収入には限界があることを悟り、財布のひもはきつく締めること。感情的な出費をなくすだけでも安定は得られる。
勝負運

評価
3
勝負力はいまいちで、大事なところに勢いに乗れないことも。決断力と行動力に欠けてしまい、勝機を逃しやすい傾向に。独断で決めるよりは、勝負運のある人に乗っかると勝利しやすい。
▼対策・注意点
自分の実力を過信すると痛い目に合うことも。勝負は避け、安定を好むと問題もなし。迷ったら第三者に頼ることが大事。勝負するよりも守りを固めること。
健康運

評価
4
程よく健康的で心身ともに安定している。それなりの体力もあり、配分に気を遣えば無理もできる。先のことを考慮し、必要な時に向け、体力を温存すると運を味方にすることもできる。
▼対策・注意点
健康な状態が維持できるが、無理をすると運も離れてしまう。波もあるので、不調の時にはすぐに対策を。自分の体力を過信せず、何かあれば医者を活用すること。

姓名判断で占う運勢の詳細と解説
姓名判断を利用する時の注意事項

姓名判断を利用する時の注意事項

無料の姓名判断を利用する際の注意事項や、姓名判断の詳細の解説や意味などは下記の内容を参照してください。 姓名判断の基本事項などを理解しておくことで、より有効的に姓名判断を活用することができます。 姓名判断や占い結果に対しての疑問なども、下記の内容を参照することで解消されることでしょう。


姓名判断を利用する時の注意事項
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断