>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 今日の運勢順位
きつねの姓名判断

姓名判断で占う今日の運勢順位

本日:2019/08/20

今日の運勢を姓名判断で占います。 占った姓名判断の結果を各運勢毎に順位形式にまとめています。 曜日により、対象となる姓名判断の七運が変わり、その七運の下一桁の数字と日の関係性により順位が決定されています。 今日は、どのような名前の運勢が良いのか確認してみましょう。 運勢が良い時には、各曜日の象意に合わせて積極的に行動することが大事になります。

姓名判断で占う今日の運勢順位

姓名判断による今日の運勢順位

姓名判断による今日の運勢順位

本日:2019/08/20

姓名判断による今日の運勢の順位になります。 火曜日は「対人運」が強くなり、姓名判断における「人運」を注視することで開運に近づきます。 対人運での成功するには、姓名判断よる今日の運勢を把握しておきましょう。 また、自分自身の姓名判断における七運の画数などは覚えておくと便利になります。

今日の運勢順位「人運」下1桁の画数
今日の運勢 第一位「6画」の人
今日の運勢 第二位「7画」の人
今日の運勢 第三位「4画」の人
第04位「1画」の人
第05位「9画」の人
第06位「8画」の人
第07位「5画」の人
第08位「2画」の人
第09位「3画」の人
最下位「0画」の人
今日の運勢 大穴「1画」の人

姓名判断による今日の運勢順位
Google_Adsense
姓名判断の今日の運勢順位の解説

姓名判断の今日の運勢順位の解説

姓名判断による今日の運勢の順位、詳細とその解説になります。 各曜日による運勢の強弱と姓名判断の七運を活用して算出しています。 それぞれの曜日でどのような運勢が動きやすいのかを元にし、姓名判断の七運との組み合わせによりその曜日の運勢の順位が決まります。

曜日運勢内容
家庭
妊娠
夫婦関係や家族関係の傾向と対策 妊娠出産の傾向 親戚付き合い 大切な人と大事な時間を過ごせるか
金銭
投機
待遇の改善や金銭運 投機や勝負事の傾向と対策 物質的な運勢 金銭物質面で心が満たされるか
対人
交友
人間関係や友人関係の傾向と対策 人からの評価や印象 人との出会いの傾向 人付き合いが上手くできるか
健康
治病
体調面の傾向と対策 病気の回復傾向 運動面の傾向 全体的運勢の根幹 心身共に健康に過ごせるか
総合
開運
総合的運勢の傾向と対策 開運への注意点 恋愛や仕事などの後押し 金銭や家庭での充実具合など
仕事
評価
仕事面の傾向と対策 社会的評価の良し悪し 出世や成功への傾向 経営状態 充実した仕事ができるか
恋愛
出会
恋愛面の傾向と対策 出会いや恋愛の傾向 相手との関係進展の可能性 幸せな時間を過ごせるか

姓名判断の今日の運勢順位の解説
姓名判断による今日の運勢順位の詳細

姓名判断による今日の運勢順位の詳細

本日:2019/08/20

姓名判断における今日の運勢順位の詳細な解説になります。 姓名判断での七運の画数の下一桁の数字で、今日の運勢順位を算出しています。 それぞれの画数の人がどのような一日になるのか、どのような傾向を持つのかを解説しています。 自分自身の名前の姓名判断における画数を考慮し、どのような内容なのかを把握しておきましょう。


▼姓名判断による今日の運勢順位の詳細
順位今日の運勢「対人運」の詳細
今日の運勢 第一位
人運
下一桁
「6」画
非常に円満な人間関係が形成でき、何をしても周囲からの評価が得られるでしょう。苦手な人からも評価され、信頼を得られることもありそうです。大事な人とは固い絆で結ばれ、生涯の付き合いになることも。周囲からの注目や信頼を集め、人気も独占できるでしょう。人間関係はこれ以上に無いものとなり、これからの生活の強い後押しになりそうです。優しさと思いやりを忘れなければ、あらゆる人を魅了することができるでしょう。

今日の運勢 第二位
今日の運勢 第三位
人運
下一桁
「7」画
「4」画
人との付き合いは円満で、仲良く楽しい時間を過ごせることでしょう。苦手な人とも上手く付き合え、苦手意識は軽減されていくでしょう。大事な人との絆は深まり、関係はより深いものになりそうです。自分の立場は確立され、周囲からも注目を浴びることに。好意を受け取ることも多く、人間関係は円満そのものになるでしょう。その状況に驕ることが無ければ、大きな信頼と評価を得られる大事な一日となりそうです。謙虚さが評価をより高めることでしょう。

第4-6位
人運
下一桁
「1」画
「9」画
「8」画
比較的人間関係は円満で、大きな問題もない傾向にあります。目立つことなく穏やかに過ごすことで、事なきを得るでしょう。苦手な人とも無難な付き合いができ、大事な人とも良い付き合いができそうです。自分から問題を起こすことが無いように、言葉や表情には気を付けること。気を抜くと問題を招いてしまいますが、慎重に対応すれば心象は良いものになります。無難に過ごすことを心掛けると、充実した一日になるでしょう。誠実さを常に意識しておきましょう。

第7-8位
人運
下一桁
「5」画
「2」画
人間関係では問題を生じやすく、対立を招いてしまうことがありそうです。言葉や姿勢に気を付けないと、大きな問題に発展してしまうこともあるでしょう。主観を押し通すと、その立場を危うくしてしまうこともありそうです。時に理不尽なことを押し付けられてしまうこともありますが、今日はひたすら耐えること。反発しても得られるのは敵意のみ。どれだけ無難に過ごせるかが、今日の課題となりそうです。最後は自分との戦いになるでしょう。

第9-10位
人運
下一桁
「3」画
「0」画
思うようにいかないことばかりで、人間関係では苦悩と忍耐ばかりが続きそうです。傷つけられることも多く、何をしても裏目に出てしまうことでしょう。人に期待することが間違いの始まりです。人に依存せず、自分のことは自分で守ること。理不尽なことを受け入れることが、今日の課題となるでしょう。問題を明日には忘れていても構いません。今日をいかに乗り越えるかだけを意識することが、大事な一日になりそうです。目立たず過ごすようにしましょう。

今日の運勢 大穴
人運
下一桁
「1」画
一見、無難で円満な人間関係を形成できますが、そこに大きな好機を見出すこともできそうです。苦手意識を持たず、円満な人間関係を目指して誠意を尽くすこと。思う以上の評価が得られ、苦手意識を克服することもできそうです。信頼を勝ち取り、大切な人からも好意を受け取れることでしょう。しかし、言葉や対応を間違えると、大きな問題を招いてしまうことがあります。慢心はすべてを失うため、勘違いには注意しましょう。相手を喜ばせることを大事にしてください。

姓名判断による今日の運勢順位の詳細
姓名判断を利用する時の注意事項

姓名判断を利用する時の注意事項

無料の姓名判断を利用する際の注意事項や、姓名判断の詳細の解説や意味などは下記の内容を参照してください。 姓名判断の基本事項などを理解しておくことで、より有効的に姓名判断を活用することができます。 姓名判断や占い結果に対しての疑問なども、下記の内容を参照することで解消されることでしょう。


姓名判断を利用する時の注意事項
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断