>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 2019年の運勢
きつねの姓名判断

姓名判断で占う2019年の運勢

今年:2019年2月4日(立春)~2020年2月3日(節分)まで

本日:2019/08/24

今年の運勢(2019年の運勢)がどのような一年になるのかを姓名判断を元にして占います。 名前の持つ運勢を基準として、今年の運勢(2019年の運勢)を知ることにより、今年(2019年)の方向性や課題などを明確にすることができます。 今年の運勢(2019年の運勢)が良い分野に関しては、この1年に積極的に挑戦することで、自分自身の潜在能力を最大限に発揮することができるでしょう


今年の運勢(2019年の運勢)が悪い部分に関しては、この1年は注意が必要でもあり、無理に動かないことや、今後に備えて準備に徹することが大事になります。 姓名判断を活用することで、自分自身がどのような状態にあるのか、今年の運勢(2019年の運勢)がどの分野に適しているのかを明確にすることができます。 長期的な計画を立てる際には、姓名判断による今年の運勢(2019年の運勢)を知ることにより、方向性や目的地、課題などを明確にしていくことができるでしょう。


※姓名判断の流派により診断の仕方は変わります。
姓名判断で占う2019年の運勢

姓名判断で占う2019年の運勢 姓名入力

姓名判断で占う2019年の運勢 姓名入力

入力いただく漢字は普段使用する漢字になります。

姓:   名:

霊数 :  

姓名判断で占う2019年の運勢 姓名入力
姓名判断で占う2019年の運勢の結果

姓名判断で占う2019年の運勢の結果

今年:2019年2月4日(立春)~2020年2月3日(節分)まで

本日:2019/08/24

塩﨑 太智」さんの姓名判断で占う2019年の運勢の結果になります。 ここでの姓名判断による年の運勢の切り代わりは、暦上の立春からになるため、立春前は前年の運勢と同じ内容になります。 立春から運勢(表示内容)が切り替わります。


.
13
天運
25

○ 権謀
社会運:29
◎ 智謀
12
人運:16
☆ 衆望
外運:25
○ 権謀
4
地運
16

☆ 衆望
12

家庭運:28
× 遭難
総運:41(41)
◎ 実力
.
陰陽配置:○ ● ● ● 接合部:△
同数同格の判定 : 上一天外人外地外

姓名判断で占う2019年の運勢の結果
姓名判断で占う2019年の運勢の図

姓名判断で占う2019年の運勢の図

今年:2019年2月4日(立春)~2020年2月3日(節分)まで

本日:2019/08/24

塩﨑 太智」さんの姓名判断で占う2019年の運勢の詳細図になります。 2019年において、各8方面での運勢がどのような傾向にあるのかを分かりやすく把握することができます。 良い運勢の方向で積極的に活動し、悪い面では無理をしないというのがここでの姓名判断による2019年の運勢の活用法になります。

運勢図
姓名判断で占う2019年の運勢の図
Google_Adsense
姓名判断で占う2019年の運勢の詳細

姓名判断で占う2019年の運勢の詳細

今年:2019年2月4日(立春)~2020年2月3日(節分)まで

本日:2019/08/24

姓名判断で占う2019年の運勢の詳細解説になります。 2019年の運勢がどのような傾向にあり、どの方面で活躍できるのかなどを把握することができます。 一年の運勢になるため、姓名判断による一年の運勢を活用することで、この一年の方向性や目標などを明確にすることができます。 ここでの姓名判断による一年の運勢は、立春を境に切り替わる点を忘れないようにしてください。


▼姓名判断で占う2019年の運勢の詳細な説明
運勢各運の概要

総合運


評価
2 / 6

全体的に忙しく、落ち着きのない状況に陥りやすくなります。気持ちにゆとりが失われ、感情の起伏が激しくなってしまうことも。否定的な感情が強くなると、全体的な運を下げてしまうこともあるので注意しましょう。何かに集中し、全力を出す方向で対応できると、非常に効率よく物事を掘り下げることができます。
補足事項
落ち着きがなくなり、精神的に不安定になるため、努力と忍耐が試されることも。運勢が良くても無理な行動や決断は控えること。大事な話し合いや決断は避ける方が無難。自分からことを起こすよりも、起きたことを真摯に受け止めることが大事になります。これまで幸運が続いていた人はここで小休止。不運続きだった人には好機が訪れてくることもあり。

恋愛運


評価
1 / 6

恋愛面では安定していますが、刺激や発展性に欠けてしまいます。惰性になりやすく、否定的に考えると不安を抱えやすくなってしまうことも。迷うことが多く、悲観的なことを考えすぎてしまうと深みにはまってしまいます。過去へのこだわりや執念も、一度手放さないことには解決にも至らないでしょう。
補足事項
落ち着きがなくなり、精神的に不安定になるため、努力と忍耐が試されることも。運勢が良くても無理な行動や決断は控えること。大事な話し合いや決断は避ける方が無難。自分からことを起こすよりも、起きたことを真摯に受け止めることが大事になります。これまで幸運が続いていた人はここで小休止。不運続きだった人には好機が訪れてくることもあり。

結婚運


評価
3 / 6

結婚生活は安定してきますが、親との問題が出てしまうこともありそうです。親の健康や機嫌を確認しておくことで、平穏無事な生活にもなるでしょう。妊娠出産を考える家庭においては、非常に良い時期になるため積極的な行動を。男性側の気持ちが不安定になるため、浮気や不倫に注意な時になります。
補足事項
落ち着きがなくなり、精神的に不安定になるため、努力と忍耐が試されることも。運勢が良くても無理な行動や決断は控えること。大事な話し合いや決断は避ける方が無難。自分からことを起こすよりも、起きたことを真摯に受け止めることが大事になります。これまで幸運が続いていた人はここで小休止。不運続きだった人には好機が訪れてくることもあり。

対人運


評価
2 / 6

人間関係では発展性に欠け、新規開拓などは不向きな流れになります。運気は次第に低下していくため、守りに徹する方が良いでしょう。交際関係は広く浅くなりやすく、収穫もほとんど期待することができません。無理をしても反感を買い、根に持たれてしまうこともありそうです。八方美人にならないように気を付けること。

仕事運


評価
3 / 6

仕事面では問題が生じやすく、特に金銭面での折り合いがつかなくなります。交渉事では相手方とのすれ違いが多くなり、交渉が決裂することが多いでしょう。我を貫くと全ての事が上手くいかなくなるため注意することが必要です。自分が良いと思うことは裏目に出るため、相手や周りに合わせることが重要に。

金銭運


評価
2 / 6

金銭面では困窮することが多くなり、忙しい割には収入に反映されないことも。苦労ばかりで利益が上がらず、慈善事業をしているような状況になりそう。名誉を求めるには良い流れですが、財利を得るには適さない流れでもあります。地道さと謙虚さを忘れず、気が訪れるのを辛抱強く待ちましょう。

勝負運


評価
3 / 6

勝負面では運勢は先細りになってしまうため、事を起こすには不向きになります。あれこれ手を出してしまい、勝負できる分野を失ってしまうことも。迷いが多くなり、自暴自棄的な状況から、敗北することになりそうです。勝機が訪れるまで、道を一本に絞り、地道な積み重ねをすること。

健康運


評価
2 / 6

努力と忍耐が求められてくるため、健康面では非常に不安定になります。自分の身を犠牲にして、何かに取り組まなければいけなくなり、体調を崩してしまうことも。体力は低下傾向にあるため、無理せず、安請け合いしないことが大事。献身的な気持ちが強くなると、自分自身の健康が犠牲になってしまうので注意すること。

姓名判断で占う2019年の運勢の詳細
姓名判断を利用する時の注意事項

姓名判断を利用する時の注意事項

無料の姓名判断を利用する際の注意事項や、姓名判断の詳細の解説や意味などは下記の内容を参照してください。 姓名判断の基本事項などを理解しておくことで、より有効的に姓名判断を活用することができます。 姓名判断や占い結果に対しての疑問なども、下記の内容を参照することで解消されることでしょう。


姓名判断を利用する時の注意事項
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断