>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 名前の持つ仕事能力
きつねの姓名判断

姓名判断で占う名前の仕事能力

姓名判断を上手に活用することができれば、自分自身の名前における仕事能力や方向性を解明していくことができます。 自分自身や自分自身の名前が、どのような能力や才能を有しているのかを理解することで、仕事の方向性や適職などを模索することができるでしょう。 姓名判断での占い結果から、自分の潜在的に持つ仕事能力などを新たに知ることもできます。 周囲の人たちや部下、採用を検討する際に、その名前から必要な方向性などを確認することもできます。


※姓名判断の流派により診断の仕方は変わります。
姓名判断で占う名前の仕事能力

姓名判断で占う仕事能力 姓名入力

姓名判断で占う仕事能力 姓名入力

入力いただく漢字は普段使用する漢字になります。

姓:   名:

霊数 :  

姓名判断で占う仕事能力 姓名入力
姓名判断で占う仕事能力の結果

姓名判断で占う仕事能力の結果

吉田 菫」さんの姓名判断による名前の持つ仕事能力の占い結果になります。 名前がどのような潜在能力を秘めているのか、その能力を仕事でどのように生かせるのかを姓名判断で占うことができます。 自分自身の潜在能力を姓名判断を活用して確認してみましょう。


.
6
天運
11

○ 逢春
社会運:22
▼ 薄縁
5
人運:16
☆ 衆望
外運:7
○ 独立
11
地運
12

▼ 挫折
1

家庭運:17
○ 威厳
総運:22(23)
▼ 薄縁
.
陰陽配置:● ○ ○ ○ 接合部:△
同数同格の判定 : 人外

姓名判断で占う仕事能力の結果
姓名判断で占う仕事能力の方向性

姓名判断で占う仕事能力の方向性

吉田 菫」さんの姓名判断で占う仕事能力の方向性の図になります。 名前がどのような能力を持つのかを図にすることで、方向性や適性などが分かりやすくなります。 姓名判断で分かる各運勢などを元に、仕事能力などではどのような可能性があるのかを判断するのが、ここでの姓名判断の手法になります。

運勢図
姓名判断で占う仕事能力の方向性
姓名判断で占う仕事能力の説明

姓名判断で占う仕事能力の説明

下記の9つの能力や方向性に対して、名前がどのような能力を秘めているのかを姓名判断で占います。 名前がどの分野への能力に長けているのか、どのような分野で活躍できるのかを判断できます。 自分自身の潜在能力や将来性などを開拓するには、ここでの姓名判断を活用して仕事能力や方向性を把握しておくことが大事になります。


仕事能力仕事能力の概要
実務力仕事と実直に向き合い、事務仕事をこなせるかどうか。事務総務や実務労働など。
計算力金銭や数字と向き合い、適切に計算できるかどうか。経理会計や財務税務など。
管理力組織を管理し、人材を適切に活用できるかどうか。管理運営や人事管理など。
営業力商品を売り込み、営利を獲得できるかどうか。営業活動や販売促進など。
会話力人前に立ち、人に分かりやすく教えられるかどうか。接客販売や教育広報など。
企画力業績を上げる適切な計画が立てられるかどうか。企画立案や販売促進など。
芸術力独特の表現により、感性を発揮できるかどうか。美術創作や広報作画など。
決断力大事な局面で、責任のある決断ができるかどうか。会社管理職や会社役員など。
経営力会社組織を執りまとめ、発展させられるかどうか。会社経営者や会社役員など。

姓名判断で占う仕事能力の説明
Google_Adsense
姓名判断で占う仕事能力の詳細と解説

姓名判断で占う仕事能力の詳細と解説

名前の持つ仕事能力や潜在能力、将来性や可能性などが、どのようなものなのかを姓名判断を活用して占います。 自分自身の名前や周囲の人の名前、採用を考えている人や出会った相手の潜在能力などを確認することもできます。 それぞれの人に合う方向に力を発揮させることなども、姓名判断を活用することで出来る大事な手法となります。


▼仕事能力の詳細説明
仕事
能力
仕事能力の概要
実務力

評価
C
実務能力は一般よりも若干劣る。仕事に対しての誠実さに欠け、地味な仕事には飽きやすいため、実務にはあまり適性はない。単調な仕事や地味な環境には不向きなため、長続きしないことや、周囲の期待に沿えない結果になってしまうことも。続けるには本人の覚悟と忍耐が必要になってくる。
計算力

評価
B
一般的な計算能力の持ち主。数字や金銭管理において、安定した無難な対応ができる。計算間違えなどもなく、難しい仕事でなければ着実に課題をこなす。堅実さが売りで、特別なものを求めなければ仕事にも満足できる。職場に貢献できる安定した計算能力を有する人材。
管理力

評価
C
管理能力は一般よりも若干劣る。全体を見渡せるほど視野が広いわけではなく、人材の能力を適切に判断する能力にも欠ける。誰でも同じように仕事ができると思い込んでしまい、生産性を低下させてしまうこともある。先を見越す能力にも欠けるため、管理職にはあまり向かない人材となる。
営業力

評価
B
一般的な営業能力の持ち主。特別な能力を有するわけではないが、安定した営業力から着実に成果を上げられる。成績は並で目立つところはないが、このような人材が職場では必要不可欠になることも。職場では地味だが安定感があり、いざという時に頼りになる人材となる。
会話力

評価
C
会話能力は一般よりも若干劣る。話に一貫性がなくなることや、空気を読めないことで空回りしてしまうことも。要点をまとめることも苦手で、支離滅裂な会話になってしまうこともある。伝えたいことはいまいち正確には伝わらず、大事な報告なども誤解して伝わってしまう報われない人材となる。
企画力

評価
C
企画能力は一般よりも若干劣る。目立つような企画は立てられず、立てても一般受けすることは無い。非現実的な企画になってしまい、周囲に受け入れてもらうことは難しい。一般的で無難な企画を乱立させるくらいが丁度良い。特別な何かをしようとするよりも、一般向けの無難な方向性を模索すること。
芸術力

評価
B
一般的な芸術能力の持ち主。安定感はあり、無難な仕事は適切に処理できる。表現力なども一般的で、地味な印象ながらも万人向けの仕事ができる。特別なものではなく、安定で勝負することが大事。経験を重ねるごとに柔軟性が増すため、職場としても重宝する存在になる。
決断力

評価
B
一般的な決断力の持ち主。無難な決断をし、大きな失敗をすることもない。よほどの問題でなければ、十分個人で向き合い、乗り越えていくこともできる。責任のある立場に就いても、無難に舵取りができる。安定感のある決断能力を有することで、職場に無難な貢献ができる。
経営力

評価
D
経営能力は一般よりも格段に劣る。経営をしてもすぐに立ち行かなくなり、大きな負債を抱えることもある。社会的な信用を失い、社会的に孤立してしまうことも。周囲からの理解を得ることもできず、場合によっては会社を乗っ取られてしまうことも。会社の経営などには手を出さない方が無難となる。

姓名判断で占う仕事能力の詳細と解説
姓名判断を利用する時の注意事項

姓名判断を利用する時の注意事項

無料の姓名判断を利用する際の注意事項や、姓名判断の詳細の解説や意味などは下記の内容を参照してください。 姓名判断の基本事項などを理解しておくことで、より有効的に姓名判断を活用することができます。 姓名判断や占い結果に対しての疑問なども、下記の内容を参照することで解消されることでしょう。


姓名判断を利用する時の注意事項
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断