>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
姓名判断 > 姓名判断の漢字検索 > 部首による漢字検索
きつねの姓名判断

姓名判断と漢字の部首の一覧

ここでは部首の一覧から、姓名判断に使用する漢字を検索することができます。 一部の姓名判断では、部首による漢字の五行の考え方もあるため、五行を意識した場合に活用できます。 姓名判断における漢字の画数の計算方法は、流派などにより違うこともあるため注意が必要です。 ここでは新漢字、旧漢字共に一般的な画数で分別してあります。


姓名判断と漢字の部首の一覧

姓名判断で用いる漢字の部首別表

姓名判断で用いる漢字の部首別表

姓名判断で活用できる、漢字の部首毎の漢字の一覧を表示します。 検索する漢字の部首を選択することで、各部首毎の漢字の一覧が参照できます。 一部の姓名判断の流派では、この漢字の部首の五行からその漢字の五行を判断します。


▼ 01画の部首
一 いち イチ 乙 おつ おつにょう つりばり
丶 てん 丿 の はらいぼう
亅 はねぼう | ぼう たてぼう

▼ 02画の部首
入 いる いりがしら 凵 うけばこ かんにょう
冂 えんがまえ けいがまえ 刀 かたな りっとう
厂 がんだれ 亠 けいさんかんむり なべぶた
十 じゅう ジュウ 力 ちから
几 つくえ 勹 つつみがまえ
二 に ニ 冫 にすい
匚匸 はこがまえ かくしがまえ 八 はち はちがしら
匕 ひ さじ 人イヘ ひと にんべん やね
儿 ひとあし 卩 ふしづくり
卜 ぼくのと 又 また マタ
厶 む 冖 わかんむり

▼ 03画の部首
幺 いとがしら よう 宀 うかんむり
廴 えんにょう いんにょう   おおざと むら ゆう
己 おのれ 女 おんな おんなへん
川巛 かわ まがりがわ 干 かん いちじゅう
彳 ぎょうにんべん 口 くち くちへん
囗 くにがまえ ヨ けいがしら
子 こ こへん   こざとへん おか
士 さむらい   さんずい
彡 さんづくり 尸 しかばね
弋 しきがまえ   しんにゅう しんにょう
寸 すん 大 だい
工 たくみ 小 ちいさい
ツ つ つかんむり 土 つち つちへん
屮 てつ くさのめ 廾 にじゅうあし こまぬき
巾 はば はばへん 夂 ふゆがしら すいにょう
尢 まげあし 广 まだれ
山 やま やまへん 夕 ゆう ゆうべ
弓 ゆみ ゆみへん

▼ 04画の部首
歹 いちた がつへん 犬 いぬ けものへん
牛 うし うしへん 氏 うじ
斤 きん おのづくり 欠 かける あくび
片 かた かたへん 戈 かのほこ ほこづくり
气 き きがまえ 木 き きへん
比 くらべる ならびひ 毛 け (モウ)
心 こころ りっしんべん 水 みず したみず
支 しにょう えだにょう 无 すでのつくり ぶ なし
父 ちち 月 つき つきへん
爪 つめ つめがしら 手 て てへん
戸 と とだれ とかんむり 斗 とます
攵攴 とまた のぶん 止 とめる とめへん
曰 にち ひらび にちへん 火 ひへん れっか れんが
文 ぶん ぶんにょう 方 ほう ほうへん
爻 こう まじわる 殳 るまた ほこづくり

▼ 05画の部首
穴 あな あなかんむり 甘 あまい かん
生 いきる うまれる 石 いし いしへん
瓦 かわら 牙 きば
玄 げん 禺 じゅう ぐうのあし
皿 さら 示 しめす しめすへん
白 しろ 田 た たへん
立 たつ たつへん 玉王 たま おう おうへん
母毋 なかれ 禾 のぎ のぎへん
癶 はつがしら 疋 ひき ひきへん
皮 けがわ ひのかわ 矛 むのほこ
目 め めへん 用 もちいる
矢 や やへん   やまいだれ
网 よんがしら あみめ よこめ

▼ 06画の部首
至 いたる 糸 いと いとへん
色 いろ イロ 臼 うす
瓜 うり 老 おい おいがしら
襾西 おおいかんむり にし 艸 くさ くさかんむり
米 こめ こめへん 衣 ころも ころもへん
艮 こんづくり ねづくり 而 しこうして しかして
舌 した したへん 竹 たけ たけかんむり
血 ち ケツ 虍 とらがしら
肉月 にく にくづき 羽 はね は
羊 ひつじ ひつじへん 聿 ふでづくり
舟 ふね ふねへん 缶 ほとぎ
舛 まいあし 自 みずから
耳 みみ みみへん 虫 むし むしへん
行 ゆきがまえ ぎょうがまえ 耒 らいすき すきへん

▼ 07画の部首
赤 あか 足 あし あしへん
豕 いのこ ぶた 貝 かい かいへん
辛 からい 車 くるま くるまへん
言 ことば ごんべん 里 さと さとへん
臣 しん シン 辰 しんのたつ
谷 たに たにへん 角 つの つのへん
釆 のごめ のごめへん 走 はしる そうにょう
酉 さけのとり ひよみのとり 豆 まめ まめへん
身 み みへん 見 みる
麦 むぎ ばくにょう 豸 むじなへん

▼ 08画の部首
青靑 あお 雨 あめ あめかんむり
金 かね かねへん 斉齊 せい
長 ながい 非 ひ あらず
隹 ふるとり 門 もんがまえ
隶 れいづくり

▼ 09画の部首
頁 おおがい 音 おと おとへん
香 かおり か 風 かぜ
革 かくのかわ 首 くび シュ
食燔 しょく しょくへん 飛 とぶ
面 めん

▼ 10画の部首
馬 うま うまへん 鬼 おに きにょう
髟 かみがしら かみかんむり 高 たかい
鬯 ちょう においざけ 韋 なめしがわ
骨 ほね ほねへん 竜龍 りゅう

▼ 11画の部首
麻 あさ 魚 うお さかな うおへん
亀龜 かめ 黄 き きいろ
黒黑 くろ 鹿 しか ロク
鳥 とり とりへん

▼ 12画の部首
黍 きび 歯齒 は はへん

▼ 13画の部首
鼎 かなえ テイ 鼓 つづみ

▼ 14画の部首
鼻 はな

姓名判断で用いる漢字の部首別表
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の結果をFacebookで共有できます。
     
きつねの姓名判断