>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断

「書」の意味と画数

「書」の漢字の意味や読みの詳細と解説になります。 姓名判断において、「書」が何画になるのか、どのような意味を持ち、名前にどのような影響を与えるのかを考慮することができます。 漢字の五行や、読みの五行、名前に使う際の適切度や相性の良い漢字などを掲載しております。 姓名判断では画数の要素が大事になるため、「書」と相性の良い画数の漢字を確認することで赤ちゃんの命名時や会社名の命名時などに活用することができます。


「書」の意味と画数

「書」の意味と画数・漢字の詳細

「書」の意味と画数・漢字の詳細

▼漢字の適性と画数・部首
漢字 五行 : 金 名前適正 :

画数 : 10


常用漢字


部首 : にち ひらび にちへん


▼漢字「書」の意味

筆で書き記す 書き記した物


▼漢字「書」の音読み(カナ)

ショ


▼漢字「書」の訓読み(かな)

かく ふみ


▼漢字「書」の名乗り

のぶ のり ひさ ふみ ふん


「書」の意味と画数・漢字の詳細
「書」と相性の良い漢字

「書」と相性の良い漢字

姓名判断では、互いの漢字の画数を足して、吉画数を構成する漢字同士は相性が良い漢字になります。 重要になる「人運」や「地運」に影響するので、名前を考慮するとき(命名時)に非常に重要な要素になります。 特に赤ちゃんの命名や会社名の命名などをする際には、この漢字の画数や意味などを重視して進めましょう。 一覧に表示される漢字は、姓名判断における「名前に適切な漢字」に厳選してあります。 姓名判断に関わらず、「名前に不適切になる漢字」は除外してあります。


最大吉画数 1,13,16,23,32
大吉画数 3,5,6,21,24,29,31,33,37,39,41,45,47
※吉格判断は姓名判断の流派により異なります。
※二文字での判断のため、50画までの考慮。


▼足して13 画になる漢字

▼足して16 画になる漢字
西

▼足して23 画になる漢字

▼足して32 画になる漢字

▼足して21 画になる漢字

▼足して24 画になる漢字
綿

▼足して29 画になる漢字

▼足して33 画になる漢字

「書」と相性の良い漢字
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断