>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの無料姓名判断
きつねの無料姓名判断
姓名判断 > 出産から命名 > 命主風水派の命名について
きつねの無料姓名判断

命主風水派の命名について

姓名判断における赤ちゃんの命名法になります。 命主風水派の命名では、赤ちゃんの生年月日を元に喜神と立命数を算出し、命名の柱となる総運に適応していきます。 「命」を元に、「相」を取り入れる「開運命名法」の一つになります。


※命名法は流派により異なります。


命主風水派の命名について
姓名の総画数の算出

姓名の総画数の算出

基本は「命名の手順 吉格数算出」の考え方と同じになりますが、総運の画数を決める際に、喜神と立命数という考え方を取り入れていくところが大事なポイントになります。

赤ちゃんの生年月日を元に四柱推命で喜神と立命数を算出し、総運の考慮に取り入れていきます。 四柱推命や立命数の詳細については、それぞれの深い理論と緻密な算出法があるため専門サイトを参考にしてください。
姓名の総画数の算出
喜神による吉数について

喜神による吉数について

赤ちゃんの生年月日が分かると、その赤ちゃんにとっての運気上昇の五行が分かります。 その五行に合わせた総画数を考慮していくことで、赤ちゃんにとっての運気アップの名前が構成できます。 立命数に合わせて考慮できると、赤ちゃんの人生に大きな可能性をもたらすこともできます。
喜神による吉数について
七運の考え方について

七運の考え方について

基本は、天運・人運・地運・総運・外運の主要五運を重要視していきます。 社会運や家庭運は参考程度にしていきますが、やはり凶画数は避けるようにしていきます。
七運の考え方について
三才五行について

三才五行について

天運・人運・地運の三才五行の考慮は非常に大事になります。
三才五行の配列が吉配列の場合、姓名の持つ吉意はより大きなものになり、努力が報われやすい姓名になります。
三才五行の配列が凶配列の場合、姓名の持つ凶意はより大きなものになり、努力が報われにくい姓名になります。
三才五行について
読みの五行配列について

読みの五行配列について

漢字の読みの五行配列は、バランスが取れた名前を推奨していきます。 五行が偏る姓名は不安定な運勢を暗示します。
読みの五行配列について
陰陽配列について

陰陽配列について

姓名を構成する漢字の陰陽配列については、大凶配列は避ければ問題はありません。
陰陽配列について
内格法と因縁の考え方について

内格法と因縁の考え方について

姓名の持つ因縁を考慮する際に使用します。 因縁はその名前の持つ宿命的なもので、その年代における目標や課題になります。 因縁の無い名前は目的や課題が無く、短命になる暗示もあるため注意も必要です。
内格法と因縁の考え方について
同数同格の考え方について

同数同格の考え方について

命主風水派の命名法では、吉画を構成していくため、同数同格の考慮はしません。 一部因縁の考慮と同じになる大凶の構成については避けるように注意していきます。
同数同格の考え方について
きつねの無料姓名判断

きつねの無料姓名判断