>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
上部

赤ちゃんの命名の考え方

姓名判断に限らず、名前に不適切な漢字は、その意味や字源などが元が原因で避ける必要が有りますが、それ以外の考え方で漢字の読みなどにも注意することが大事になります。 また、赤ちゃんの姓名判断を活用し命名する時には注意しておく考え方も多々あるため、赤ちゃんの命名時には一度考えを整理するようにしてみましょう。 姓名判断の流派により、赤ちゃんの命名時の考え方なども大きく異なる部分があるため、どの方向性で名前を決めるかが大事になります。


※流派や地方によって考え方は様々です。

赤ちゃんの命名の考え方

赤ちゃんの命名の考え方


赤ちゃんの命名の考え方

女の子の命名で避けたい画数

女の子の命名で避けたい画数

姓名判断において、「16 23 32」画は最大吉の画数になりますが、吉意が強すぎるため、女の子の命名時の「総運・総画」には適さないとされています。 社会で活躍する才などには恵まれますが、男勝りで強くなり、結婚できないことや晩婚になる人生を暗示するとされています。 男女問わず「16 23 32」画の「外運」は人気運や指導力、人を惹きつける天性の才能を暗示するとされます。


女の子の命名で避けたい画数
名前で避けたい読み方

名前で避けたい読み方

赤ちゃんの姓名判断を活用して、女の子の命名時に気を付けたいのが、濁点の付く名前になります。 また、源氏名のような美名を付けると名前負けすることもあるので十分注意しましょう。 男女問わず「ず づ ズ ヅ」の読みは人生の行き詰まりを暗示するため、名前に入らないようにするのが命名時のお勧めになります。 誰が名前を呼んだとしても、発音しやすく聞き取りやすい名前にするのも大事な考え方になります。


名前で避けたい読み方
命名時に避けたいこと

命名時に避けたいこと

姓名判断の解説での因縁のところでもありましたが、偉人の名や両親の漢字などを引き継ぐと、その因縁も引き継ぐことになるため注意が必要になります。 また、ひらがなやカタカナの名前は、姓名判断では運勢が弱くなるとされるため、避けておいた方が無難でしょう。 漢字一字の名前も注意が必要で、挫折と孤独を暗示するという流派もあります。 男女の性別を間違えるような名前も、姓名判断の概念を抜きにしても避けておくほうが良いでしょう。


命名時に避けたいこと
命名時の注意事項

命名時の注意事項

上記のような考え方や漢字が、自分の名前に含まれていても落胆しないようにしましょう。 姓名判断の結果が良くなくても、上記のような内容が含まれていても、両親の愛情が注がれた名前であれば、幸せな人生を送っていることでしょう。 本当に大事になるのは、これから赤ちゃんの姓名判断や命名をする時に、愛情を込めた良い名前を付けてあげることになります。 上記のような内容に気をつけ、心からの愛情を込めて、素敵な名前を贈ってあげましょう。


命名時の注意事項
赤ちゃんの命名時の注意事項

赤ちゃんの命名時の注意事項

▼ 命名時の注意事項まとめ
条件注意事項
女の子総運 16 23 32 画は避ける
女の子濁点のつく名前は避ける
女の子源氏名のような美名は避ける
男女ず づ ズ ヅ の読みは避ける
男女性別を間違えるような名は避ける
男女ひらがなやカタカナは避ける
男女漢字一字の名は避ける
男女偉人の名前は避ける
男女両親の漢字は避ける

赤ちゃんの命名時の注意事項
広告枠

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
調整枠