>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断 > 姓名判断の意味と解説 > 姓名判断の意味と解説
きつねの姓名判断

姓名判断の意味と解説

ここでは姓名判断の大まかな解説とそれぞれの考え方をまとめてあります。 姓名判断とは、純粋に姓名の画数の良し悪しだけではなく、画数の兼ね合いや漢字の良し悪し、三才五行や読み方など、総合的に判断する占いです。 姓名判断は名前からその人の運勢や性格、将来性などを占うことができるため、非常に実用的で有効的な占いの一つでもあります。


姓名判断は、画数だけで判断してしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまいますので注意していきましょう。 「名は体を表す」の基本理念に合わせ、適切な判断と活用が大事になってきます。 特に姓名判断では、漢字の意味や成り立ち、読み方や画数など、様々な要素でその人の名前を占います。


姓名判断の意味と解説

姓名判断とは

姓名判断とは

姓名判断の詳細や、ここでの姓名判断での算出方法、判断する漢字の選び方などをまとめてあります。 姓名判断は多くの流派が存在し、それぞれの流派の占い方がありますので注意しましょう。


各流派によって、姓名判断は色々な見方がありますので、それぞれの流派の見方に合わせて判断するのが適切になります。 どれが良い、どれが悪いというのはありませんので、それぞれ姓名判断の良いところを活用するのがお勧めです。


姓名判断とは
姓名判断における霊数の考え方

姓名判断における霊数の考え方

一字姓や一字名の場合、この霊数を考慮して姓名判断をします。 天運や地運、外運や社会運、家庭運などに影響してくるため、大事な考え方になります。 しかし、この霊数は姓名判断の流派により考慮する場合、しない場合があるため、使い方が難しい分野になります。


姓名判断における霊数の考え方
姓名判断の七運の説明と算出方法

姓名判断の七運の説明と算出方法

姓名判断では「天運」「人運」「地運」の三才の運勢を基準とし、「総運」で総合的に判断していきます。 重要な点はこの四運になりますが、「外運」で見る人間関係も重視します。 「社会運」では仕事面の運勢を判断し、「家庭運」では家庭面での運勢を判断します。 画数で重要になるのはこの七運の吉凶とバランスになります。


各流派での考え方を元にすると、 「天運」「人運」「地運」=「総運」>「外運」>「社会運」「家庭運」になります。


姓名判断の七運の説明と算出方法
姓名判断の吉凶画数の一覧と喜神

姓名判断の吉凶画数の一覧と喜神

姓名判断で吉とされる画数と、凶とされる画数を一覧にしてまとめてあります。 姓名判断だけではなく、八字命術(四柱推命)での喜神に合わせて総画を調整するとより良い名前になります。


姓名判断の吉凶画数の一覧と喜神
姓名判断における運勢名の一覧表

姓名判断における運勢名の一覧表

姓名判断では、各画数ごとに運勢があります。 その各画数の吉凶と共に、運勢名(どのような運勢になるのかの総称)をまとめてあります。 姓名判断の流派により、運勢名や吉凶の判断が多少変わることがあります。


姓名判断における運勢名の一覧表
姓名判断の三才五行の考え方

姓名判断の三才五行の考え方

三才とは天・地・人を表し、姓名判断では、天運・地運・人運のことを指します。 この三才の五行配列が吉か凶かは、姓名判断においても非常に重要になります。 この三才五行の配列が良ければ、多少の凶画数が混在していても十分補えるとされ、姓名判断の結果は良いものと判断できます。


姓名判断の三才五行の考え方
姓名判断の三才五行の吉凶一覧

姓名判断の三才五行の吉凶一覧

姓名判断における三才五行の配列の吉凶の一覧をまとめてあります。 姓名判断における三才五行の配列が良いと、名前の長所面が強調されより良い名前になります。 三才五行の配列が悪いと、良い名前も長所を生かしきれなくなります。


姓名判断の三才五行の吉凶一覧
姓名判断の漢字の五行と読みの五行

姓名判断の漢字の五行と読みの五行

姓名判断における三才五行の計算法は画数を基にしますが、それ以外にも漢字の読みによる五行の算出方があります。 この手法では、漢字一字ごとの五行が算出でき、名前全体の五行バランスを見ることができます。 姓名判断中でも漢字の読みから掘り下げる手法になります。


姓名判断の漢字の五行と読みの五行
姓名判断の漢字の五行と部首の五行

姓名判断の漢字の五行と部首の五行

漢字の部首によってもその漢字の五行を判断することができます。 漢字の部首などを考慮することで、名前全体の五行のバランスなどが確認できます。 ただし、全ての部首に五行があるわけでもなく、主として採用している流派もほぼありません。 姓名判断をする際には参考程度にしておきましょう。


姓名判断の漢字の五行と部首の五行
姓名判断の陰陽配列の吉凶と考え方

姓名判断の陰陽配列の吉凶と考え方

姓名判断における陰陽の考え方は、偶数が「陰」、奇数が「陽」になります。 その陰陽の配列が悪いと、名前の持つ長所面を生かしきれない名前になってしまいます。 この配列は複雑ですが、姓名判断でこの要素を判断する際には、特に悪い配列を避けるようにすれば問題ないでしょう。


姓名判断の陰陽配列の吉凶と考え方
姓名判断における内格法の考え方

姓名判断における内格法の考え方

姓名判断では、姓名の持つ因縁などを考慮する際に活用していきます。 内格法を考慮していくことで、「初年運」「中年運」「晩年運」などの時期による運勢を姓名判断から行うことができます。 基本は初年運が27歳ごろまで、中年運が54歳ごろまで、晩年運は54歳ごろ以降というのが基本の考え方になります。


姓名判断における内格法の考え方
姓名判断からみる姓名の持つ因縁と

姓名判断からみる姓名の持つ因縁

姓名判断における因縁とは、その姓名の持つ宿命的なもの、避けては通れない人生の課題になります。 姓の持つ家系的な運勢もその一部になります。 それ以外でも名前に使われる漢字や、命名する人によって姓名が持つ因縁は生じてきます。 これらの名前が持つ因縁を明確にするのが、ここでの姓名判断の手法になります。


姓名判断からみる姓名の持つ因縁
姓名判断の同数同格の考慮と吉凶

姓名判断の同数同格の考慮と吉凶

一部の姓名判断の流派では、姓名のそれぞれの画数や、姓名判断で考慮する七運の画数の関係性を見ます。 同数同格といわれる関係性が存在する場合、名前の凶意が増します。 吉名の場合は、吉意が減少するとされます。 姓名判断で、この同数同格の概念を考慮する際には、特に悪い組み合わせを避ければ問題ないでしょう。


姓名判断の同数同格の考慮と吉凶
姓名判断で言う良い名前とは?

姓名判断で言う良い名前とは?

「親が子に愛情を持って名を与える」事こそが、姓名判断で言うところの良い名前の基本的な考え方になります。 第三者に依頼するにしても、子供の未来を本当に心から思っての依頼であれば愛情深い名前になります。 そこに姓名判断での吉名の考慮を加えることで、より良い名前を赤ちゃんに贈ることができるでしょう。


姓名判断で言う良い名前とは?
ひらがなカタカナの画数と姓名判断

ひらがなカタカナの画数と姓名判断

ここでの姓名判断では、ひらがな名やカタカナ名を判断する際に、ひらがなやカタカナの画数が必要になります。 その際にはこちらの画数表から、ひらがなやカタカナの画数を算出して姓名判断を行います。 ひらがな名やカタカナ名は、運勢が弱くなるとする姓名判断の流派もあるため、赤ちゃんの姓名判断や命名時には余りお勧めできません。


ひらがなカタカナの画数と姓名判断
英数字の画数と姓名判断

英数字の画数と姓名判断

日本人の名前では英数字は使うことはありませんが、会社名や商品名、外国人の名前などで英数字は使うこともあります。 その際には英数字の画数から姓名判断を行うこともできます。 ただし、元々の姓名判断は漢字名を前提に考えられているため、外国人の名前などでの姓名判断はお勧めできません。


英数字の画数と姓名判断
当たる姓名判断は名前だけで当たるのか?

当たる姓名判断は名前だけで当たるのか?

姓名判断は本当に当たるのか? 姓名判断はこれまでの統計と、五行関係からの傾向を元にしています。 先人たちが試行錯誤し、色々な概念を研究してきたことで、現代の姓名判断があります。 当たるとされるからこそ、姓名判断が存在していることや、今でも人気のある占術になっています。 名前だけで占える手軽さと、その当たるとされる背景から姓名判断は強い存在感を持ちます。


当たる姓名判断は名前だけで当たるのか?
姓名判断での恋愛運を占う恋愛傾向と相性

姓名判断での恋愛運を占う恋愛傾向と相性

姓名判断を活用して、その姓名が持つ恋愛運や、異性関係での潜在能力を占うことができます。 異性関係がどのような傾向を持つのか、どのようにすれば幸せな恋愛をすることができるのかを確認することができます。 また、意中の相手の姓名判断をすることで、その相手との相性やその相手の恋愛傾向を確認し、攻略する道筋を見つけることもできます。


姓名判断での恋愛運を占う恋愛傾向と相性
姓名判断での結婚運を占う結婚の可否と将来性

姓名判断での結婚運を占う結婚の可否と将来性

姓名判断を駆使することにより、その姓名が持つ結婚への可能性や、そのための手段などを占うことができます。 また結婚後に姓が変わる際には、その姓においての姓名判断などから、結婚後の運勢を看破することもできます。 結婚することが本当の意味での幸せになるかどうかなどは、自分と相手との姓名判断から考察することができます。


姓名判断での結婚運を占う結婚の可否と将来性
姓名判断鑑定士の自己紹介

姓名判断鑑定士の自己紹介

鑑定士の自己紹介になります。 鑑定士(きつね)は姓名判断を専門に行っている鑑定士ではありません。 各姓名判断の流派によっての詳細や違いなど、当方では知識の及ばない部分も多々あります。 予めご了承の上、ご利用いただければ幸いです。


姓名判断鑑定士の自己紹介
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断