>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの姓名判断
きつねの姓名判断

▼きつねの姓名判断の関連情報

きつねの姓名判断 タロット占い 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


     
きつねの姓名判断

姓名判断で結婚運を占う

姓名判断で結婚運を見る際には、人運と外運、家庭運が大事になりますが、そこに天運と地運を考慮する必要が出てきます。 結婚する相手の天運と、自分自身の天運で家系同士の相性を見ることが必要になるのと同時に、晩年運の良し悪しを考慮します。 籍を入れる際にはどちらの姓になるのかも非常に大事な要素になり、姓が変わることで人運や外運、総運がどのように変化していくかを考慮します。 姓名判断で結婚運を占う際にはこれらの要素が大事になるため、恋愛よりも少々複雑になります。


※姓名判断の流派により判断の仕方は大きく異なります。
姓名判断で結婚運を占う

姓名判断で結婚運を判断

姓名判断で結婚運を判断

姓名判断で結婚運を見る際には、まず自分自身の結婚運がどのようなものかを把握することが大事になります。 結婚に向いているのか、向いていないのかは大事な要素になりますし、結婚することで幸せになれるのかどうかも大事になります。 まず、結婚して姓が変わる前の名前から、結婚運の有無を判断していきます。 姓名判断における家庭運の良し悪しで結婚後の幸せ度合いが見えてきます。 家庭運が良い場合には良い家庭が築けますが、家庭運が悪い場合には結婚後に苦労することが多くなります。 逆に家庭運が良すぎても、過程に尽くし過ぎて苦労する場合があります。 姓名判断での家庭運が悪くても、結婚する相手を選ぶことで、苦労せずに良い家庭を築くことも可能になります。


大事なのは自分自身の家庭運から、どのような相手との結婚をするかを考えていくこと、相手選びを間違えないことが大事になります。 また、良い相手と出会えるかどうかという意味で、姓名判断の七運の要素である外運が大事な要素になっていきます。 外運が良ければ、よき伴侶と出会える可能性が広がりますし、外運が悪ければ出会いの可能性が狭くなります。 天運、人運、地運はそれぞれ晩年運、中年運、初年運を表し、この良い時期に結婚することが幸せへの近道にもなります。 まずは、自分自身の結婚運を確認し、相手との出会いの可能性を考慮し、どの時期に結婚するのが良いのかを確認していくことで、姓名判断での結婚運を明確に判断することができます。


姓名判断で結婚運を判断
相手の結婚運を姓名判断で確認する

相手の結婚運を姓名判断で確認する

自分自身の結婚運を姓名判断を元にして確認した後には、相手の姓名判断にて相手の結婚運のことを確認します。 地運と人運は性格を表す大事な部分になり、そこに問題がないのかをまずは確認しましょう。 結婚できても幸せになれるかどうかは別の話であり、相手の性格の良し悪しと、相性が大事になります。


姓名判断での、相手の家庭運も大事な要素になり、家庭運が良い相手であれば安心して結婚できます。 逆に相手の家庭運が悪い場合、結婚後に相手の協力が期待できなくなります。 結婚前の相手の結婚観を確認しておくことは非常に大事な事でもあり、恋愛感覚で結婚を考えず、生活を共にするという視点で結婚を検討しましょう。 姓名判断を活用していくことで、相手の結婚観や、結婚後の家事育児への協力度合い、浮気などの有無などを確認することができます。


相手の結婚運を姓名判断で確認する
相手の姓名判断の天運と家系の相性

相手の姓名判断の天運と家系の相性

姓名判断で結婚を考慮する際、非常に大事な要素になるのが天運になります。 天運とは苗字そのものであり、その家系を表す大事な目安になります。 また、結婚して姓が変わる際には姓名判断の要素も大きく変わっていきます。 この姓が自分と相性が良いものかを事前に確認しておきましょう。


姓名判断での天運は、家系を表す大事なものであり、二人の家族同士の関係を表す大事な目安になります。 結婚とは家族同士の問題でもあり、二人の気持ちだけでは上手く行かないことも少なくはありません。 家系同士のつり合いが取れるのかどうかを姓名判断で確認しておくことは大事なことになります。


そして天運とは、晩年運を表すものであり、晩年が幸せになれるのかどうか、苦労するかの目安にもなります。 男性が繁栄する家系か、女性が鍵を握る家系なのかを判断することもできます。 姓名判断での天運は、結婚を考える際の最後の砦みたいなものなので、真剣に検討することが大事になります。 結婚後に自分自身の姓が変わる際には、その新たな姓における姓名判断の結果も考慮しておくことが大事になります。


相手の姓名判断の天運と家系の相性
姓名判断での結婚後の運勢

姓名判断での結婚後の運勢

よく結婚後に姓が変わることで、運勢が変わるのか?という質問がありますが、間違えなく大きく運勢が変わります。 姓名判断を考える際に、姓が変わることで、本当に運勢が変わるのか?と疑問に思われることもあるでしょう。 しかし、姓名判断を考える以前に、結婚そのものが人生の大きな転機であり、人生の分岐点であることを忘れないようにしてください。


結婚するということで、環境も人間関係も大きく変わり、親戚付き合いができること、子供ができることなどがあるでしょう。 苗字が変わる場合には、呼ばれ方も変わりますし、自分自身を表す名称(固有名詞)がこれまでと全く違うものになることを忘れないようにしてください。 例えば、姓名判断で、自分自身を表す名称が、「りんご」から「みかん」に変わったとした場合、人が持つ印象は全く違うものになります。 姓芽判断の考え方として、姓名の表記や読みの変化で、その後の人生が大きく変わっていくことになりますので、結婚する際にはそのことも考慮して慎重に判断しましょう。


姓名判断での結婚後の運勢
きつねの姓名判断
誰でも分かる講座

誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。

姓名判断において霊数を考慮する場合は、「一字姓」の場合か、「一字名」の場合になります。 それ以外の場合には霊数を考慮することはありません。 霊数は七運の中の外運、社会運、家庭運を考慮する場合に重要になり、天運・人運・地運・総運(外運)の四運(五運)で判断する場合にはほぼ登場しません。 霊数を考慮する流派は限られてきます。

姓名判断における七運とは、基本的な五運、天運・人運・地運・総運・外運に社会運・家庭運を加えた七運になります。 これら七運がどのような運勢(画数)なのかでその名前の運勢を読み解くのが占いの基本手順になります。 それぞれの組合せにより、その姓名の潜在能力や将来性を読み解くことで様々なことが名前から分かります。

姓名判断は、名前を構成している漢字の画数の組合せにて、その名前の潜在能力や運勢を読み解いていくものになります。 その基本となる画数には吉画数と凶画数があり、七運が吉画数で構成されている名前は良い名前となり、七運が凶画数で構成されている名前は悪い名前となります。 良い名前が必ずしも幸せになれるのではなく、悪い名前が必ずしも不幸になるわけではなく、人生の方向性や目標などが現れていると考えます。

一般に三才とは、「天・地・人」の事を意味します。 姓名判断での三才とは、天運・地運・人運の三運の事を示し、この三才の組合せの良し悪しから運勢を判断するのが三才の考え方になります。 天運・地運・人運の三才の五行の組合せにより、三才の組合せの良し悪しを判断します。

一部の姓名判断では漢字の音読みにより、その漢字の五行を区分して組合せの良し悪しを判断します。 名前を構成する漢字の読みの五行により運勢や病気の傾向を把握することができ、相性の良い名前の相手や傾向などを判断することができます。 基本は音読みになりますが、音読みが無い場合には訓読みで判断することもあります。

姓名判断では、名前を構成している漢字の偶数の画数となるものを陰とし、奇数の画数となるものを陽とするのが基本になります。 この偶数(陰)と奇数(陽)の組合せの良し悪しで、その名前の持つ運勢の良し悪しを判断するのが陰陽の考え方の基本になります。 採用する流派も限られる分野であり、ここでは大凶配列を避ければ問題ないと判断しています。

姓名判断の内格法とは、一部の流派で採用されている判断基準になります。 ここでは名前の持つ因縁を考慮する際に重要視する内容であり、初年期・中年期・晩年期の課題や因縁を考慮する際に活用しています。 考え方などが少々複雑になり、流派などにより判断する形が異なるものもあるため注意が必要になります。

名前の持つ因縁とは、姓名判断の内格法を元に、七運と2つの内格を用いてそれぞれの関係性を掘り下げていくことで判断するものになります。 名前の持つ総合的な因縁から、初年期・中年期・晩年期それぞれの因縁を読み解くことができます。 因縁とは人生の課題や命題となり、各年期での因縁はその年代においての方向性や課題となります。

姓名判断においての良い名前とは、単に画数の組合せが良いというだけではなく、親からの愛情が込められているかどうかが大事な基準となります。 また、画数の組合せが良くても育つ環境が悪いと、人生や運というものを勘違いして犯罪に手を染めてしまうことも少なくはありません。 程よい課題や試練を抱え、人生の方向性や目標が明確になり、親からの愛情を受けて良い環境で育つことで、本当の意味での良い名前と判断することができます。


誰でも分かる姓名判断講座

姓名判断の占い結果を共有できます。
     
きつねの姓名判断