>> TOPへ

姓名判断で性格や相性、恋愛や結婚、仕事を占います。
きつねの無料姓名判断
きつねの無料姓名判断
姓名判断 > 姓名判断解説 > 内格法の考え方
きつねの無料姓名判断

内格法の考え方

姓名判断における内格法とは、姓名の持つ運勢を判断する以外に、初年運・中年運・晩年運を鑑定する際に活用します。 その際に姓名の持つ因縁や、初年~晩年に関わる因縁を鑑定する際にも活用します。 それぞれの時期による人生の課題や目標、方向性を知ることができます。


※内格法は因縁を考慮する流派で採用されています。


内格法の考え方
内格法の準備

内格法の準備

内格法を考慮する場合には、まず内運を考慮する必要があります。 七運とは違う内運になりますが、算出方法は下記を参考にしてください。
内運事態の運勢は考慮しませんが、他の運の画数と合わせて考慮していくことになります。 因縁などの考慮の詳細は下記を参考にしてください。
内格法の準備
内格法の手順

内格法の手順

考慮する姓名の四運「天運・人運・地運・総運」を元に考慮していきます。 初年運は、元になる姓名の四運を姓名に見立てて計算していきます。 この際、この四運は基礎数(2桁の場合は10の位と1の位を足す)にして考慮していきます。 元になる姓名の「天運・人運」を二字姓として、「地運・総運」を二字名として姓名判断の手順と同じように、七運を算出していきます。

中年運はこの初年運の四運「天運・人運・地運・総運」を元に、初年運の算出時と同じく、二字姓二字名として算出していきます。 晩年運はこの中年運の四運を使い、同じように算出していきます。 これで元になる姓名の、初年運、中年運、晩年運を鑑定していくのが内格法です。
内格法の手順
内格法の解釈

内格法の解釈

上記で算出した、初年運、中年運、晩年運のそれぞれの七運を元に、それぞれの時期の運勢を判断していきます。 実際のところそれほど重視することはなく、参考程度にとらえていきます。 ただし、初年運(子供の頃)の運勢は、大事な時期になるため、余り厳しい運勢にならないように気を付ける必要があります。 初年運(子供の頃)の運勢が悪い場合、やはり将来性に大きな不安が残ります。


内格法で大事になるのが、名前の持つ因縁の考慮になります。 それぞれの時期での人生の目標や課題が因縁に現れてくるため、人生の方向性が見えてきます。 因縁を持たない時期は不安定で、全体的に因縁がない名前になると、短命で終わってしまう暗示になります。
因縁などの考慮の詳細は下記を参考にしてください。
内格法の解釈
初年運・中年運・晩年運の表す時期

初年運・中年運・晩年運の表す時期

それぞれの運勢が表す時期になります。多少の前後はあります。
▼ 初年運・中年運・晩年運の表す時期
運勢時期
初年運0歳~27歳
中年運28歳~54歳
晩年運55歳~
初年運・中年運・晩年運の表す時期
内格法の算出と因縁考慮の例

内格法の算出と因縁考慮の例

▼ 初年運の算出の例
初年運の算出の例
▼ 因縁考慮の参考の例
因縁考慮の参考の例
内格法の算出の例
きつねの無料姓名判断

きつねの無料姓名判断