本格的なタロット占いの世界へようこそ。

タロット 姓名判断 四柱推命 奇門遁甲 易占い 開運手帳 ルーン セラピー きつねの占い館 更新情報

 
.

節制の意味

タロット占いでの解釈の基本事項

タロットカードの、節制の意味と解釈の仕方の解説になります。 節制の意味の基本や解釈の仕方の基本などは、実際に占いをしていく際の基本事項になります。 実際に自分自身で占いをして行く際に、節制の意味の基本や解釈の仕方の基本が大事になり、この基本的な内容を理解しているかどうかが占いの結果の解釈の明暗を分けることにもなります。


この節制の意味の内容は、占い結果を解釈していく際の基礎的な知識になります。 タロット占いでは、展開されたカードの全体像や背景と繋がりから、個々のカードの意味などを掘り下げて読み解くことが基本の流れになります。 個々のカードがどのような意味や可能性を持ち、どのような背景や方向性にあるのかを確認してみましょう。 カードの全体的なつながりや世界観、背景などを視野に入れることにより、これまで以上にカードの意味を的確に解釈することができるでしょう。


節制の意味

節制(Temperance)

節制の意味と基本
Temperance


[死神の意味へ] [悪魔の意味へ]

節制の概略

節制の意味:調節

節制

節制のタロットカードは、安定や節約、状況管理などを意味します。堅実な姿勢や安定した状況が、結果的に良いほうに向くことなどを意味します。友情が愛情に変わるなどの、自然の流れを大事にすることも意味します。焦っても状況が良くなることは多くはありません。悩んだ時には一旦落ち着き、自然の流れに身を任せることの大事さを意味しています。焦らずに状況を受け入れる純粋さを教えてくれるカードになります。


正位置では、状況を安定させることができて心から安らげる環境に至ること、自然体で振舞うことで自分らしさを表現できること、感情のコントロールが出来て物事を調整できることを意味します。逆位置では、状況を安定させられずに崩れていく過程と悲観的な心理状況を表し、感情のコントロールを失うことや健康を害してしまうこと、需要と供給とがつりあわないことを意味します。正位置逆位置共に、穏やかな状況や環境や健康状態、白でもない黒でもない中間点に答えがあることを表します。


節制(Temperance)の意味と基本事項
節制の意味と正位置の解釈

節制の意味と正位置の解釈

節制

節制の意味や背景の詳細事項と、節制の正位置の解釈の仕方の基本的な解説になります。 タロット占いの結果において、節制が正位置で出る際には、節制の意味が純粋で真っ直ぐに状況に表れると解釈します。 表裏が無い状況や良し悪しを問わず、結果や答えが出やすい状況にあることを占い結果が表していると読み解きます。


節制の正位置のイメージ

節制の正位置

▼節制の意味と正位置の解釈の仕方

精神状況や人間関係、生活全体などをを安定させることができる管理能力と考え方。無理のない自然な状況や平和な環境から得られる良い結果を結果などを意味します。


健康。道徳。調節。節制。安定。倹約。堅実。適応。順応。適切。恋愛。良縁。平和。自然体。状況管理。自然の摂理。恋愛の進展。友情からの愛情。


  • ・状況を適切に見抜き落ち着いた適切な対処ができる。
  • ・気を抜かず、落ち着いて状況を判断し対応すること。
  • ・状況を安定させ、流れを落ち着かせることができる。
  • ・好意を持ってくれている素敵な人が、近寄ってくる。
  • ・友人関係から恋愛関係への自然な発展が期待できる。
  • ・安定した仕事や良好な転職先を無事に見つけられる。

▼節制の意味と正位置の解釈の例

  • ・立場や状況に自信が持てるような状況になり、あらゆるプレッシャーを跳ね除ける。
  • ・状況の流れをを落ち着いて見ることで、またとない良好な流れに乗ることができる。
  • ・安定した状況や環境などにより、発展や可能性の幅が次第に大きくなっていくこと。

▼節制の意味と正位置の対策

落ち着くこと。流れを読むこと。課題と向き合うこと。柔軟に対応すること。節制を心がけること。


節制の意味と正位置の解釈
節制の意味と逆位置の解釈

節制の意味と逆位置の解釈

節制

節制の意味や背景の詳細事項と、節制の逆位置の解釈の仕方の基本的な解説になります。 タロット占いの結果において、節制が逆位置で出る際には、節制の意味が正しく表れず、不足するか過度になり過ぎるかという意味合いが強くなります。 節制が逆位置で出たとしても、正位置の意味合いを考慮することが大事になります。 占いの結果においての逆位置は、表裏がある状況や状況が不明瞭で結果や答えが出にくい事を表していると読み解きます。


節制の逆位置のイメージ

節制の逆位置

▼節制の意味と逆位置の解釈の仕方

精神状況や人間関係などが不明瞭になり、中途半端になってしまうこと。問題や悩みを抱えてしまい、健康状態を害してしまうことや、泥沼に足を踏み入れてしまう過程などを意味します。


混沌。暴走。過信。傲慢。泥沼。病気。不道徳。不節制。不摂生。不安定。感情的。悲観的。中途半端。昼夜逆転。体調不良。節度をなくす。信用を失う。


  • ・予期しない問題に見舞われ、感情的になってしまう。
  • ・人間関係の板挟みや腹の探り合いで疲労してしまう。
  • ・人間関係や恋愛関係で、妥協できずに不安を感じる。
  • ・余裕がなく周りが見えず自己中心的になってしまう。
  • ・嬉しくない人からの告白や、アプローチなどがある。
  • ・結果や結論を焦り、望まぬ答えに行き着いてしまう。

▼節制の意味と逆位置の解釈の例

  • ・余裕が持てないことで落ち着いて考えることができず、不安や焦りを不用に抱いてしまう。
  • ・現状を維持することが精一杯で、これ以上の発展や安定は望めない状況に陥ってしまう。
  • ・苦労や困難ばかりが果てしなく続き、泥沼から抜け出せず前に先に進めない状況に陥る。

▼節制の意味と逆位置の対策

流れに乗ること。状況を整理すること。欲を捨てること。感情を抑えること。道徳的な対応をすること。


節制の意味と逆位置の解釈
節制の中級解釈

節制の中級解釈

ここからは上記のタロットカードの基本的な意味を理解した上で、更にタロット占いの結果の解釈の幅を広げるための内容となります。 タロットカードの全体の知識や繋がり、タロットの世界観などが把握できてから参考にしてください。


節制の別称:モラルカード


正位置
節制の正位置
逆位置
節制の逆位置

▼アルカナの背景

タロット占いにおける大アルカナは、人生においての大事な節目を表し、人が生まれてから亡くなり輪廻転生を経て再び生を得るまでの過程となります。現実的な人生の面では、入学や入社、転職や転居、結婚や離婚などの人生の大きな節目を表すことになります。


▼節制の前後との関係

節制の前にあたるタロットカードは死神となり、後ろにあたるタロットカードは悪魔となります。 節制のカードは、死神の影響を受け、悪魔のカードに影響を与えます。 タロット占いにおいて節制のカードを解釈する際には、死神を背景として悪魔へ至る流れにあることを考慮しながら節制の意味と解釈を掘り下げるようにしてください。 節制のカードがタロットの全体像の中でどのような位置付けにあり、死神と悪魔との関係性を考慮して解釈することがタロット占いの結果の解釈では大事になります。 節制の基本的な意味となる「状況管理と混乱する状況」に併せ、死神の意味「状況の解体と状況の再開」、悪魔の意味「人を妬むことと執着する事」を正位置・逆位置に準じて解釈していきます。 この際、「正位置だから良い」「逆位置だから悪い」というような安易な解釈はせず、正位置の意味合いを踏まえた上で、逆位置の解釈をすることを忘れないようにして下さい。


前のカード
前のカード
節制
節制
次のカード
次のカード

節制は、前の死神による状況の終焉から訪れる流れを受けつつ、次の悪魔による混沌とした世界に至る流れを背景に持ちます。節制は前の死神と次の悪魔に挟まれることになり、非常に厳しい立場になりますが、そのような状況に対して天使からの救いの手が伸びるという背景も持ちます。隠者までは個人に目が向けられていたものが、正義や吊られた男では、客観的な視点や世のためという広い視点に変わり始めます。それでも個人の目線という意味合いがありましたが、死神から以降は、本当の意味でもスピリチュアルな世界や背景が色濃くなっていきます。死神以降になると、あの世感が強くなってくることや、個人の価値観から大きく離れた精神世界においての意味合いや背景が非常に強くなります。節制は、仕事の世界で天使と出会うような背景であり、心から救われることや、精神的なよりどこを置見つけられることなどが背景にあります。しかし、欲望が強くなることで、次の悪魔のような泥沼の環境や背景に至ってしまう危険性も同時に意図しているのが節制の背景になります。このあたりの繊細な状況を考慮して節制を見直していけると解釈の仕方も大きく変わってくるでしょう。


▼タロットカードの比較的解釈

ここでは、タロットカードを対比させることで、どのような背景や繋がりがあるのか、どのようにカードを読み分けるのかを解説しています。 個々のタロットカードの解釈をする際に、視野を広げるためにカードを対比させてイメージしておくようにして下さい。


▼節制と前の死神との比較

節制
節制
死神
死神

節制は、物事の白黒や善悪を明確にするよりも、中間点を重視するという意味合いが強くなります。一方の死神は、物事を明確に終わらせるというような意味合いが強くなります。また、節制は人の自然な姿や良好な状態、健康状態などを表しますが、死神は不良な状態や健康状態の悪化、特に怪我や事故などでの外傷などを表します。節制では道徳的で誠実な状態を表し、死神では非道徳的で不誠実な状態を表します。このように、節制では人としてモラルのある正常な状態であるため、特別な意味合いが強いというよりも、平穏で少々インパクトの薄い背景を持ちます。死神では、非のある状態であることから、インパクトが強くなり、悪い意味合いが目立つという背景になります。


▼節制と次の悪魔との比較

節制
節制
悪魔
悪魔

節制は、天使のカードでもあり、道徳的な意味合いが強くなります。それに対して悪魔は、悪魔のカードであり、非道徳的な意味合いが強くなります。節制は、モラルのある良好で穏やかな状態であるのに対し、悪魔は、モラルレスの不良で不穏な状態となります。また、節制は人として良好な状態であることが背景であることから、心身ともに健康状態が良好なことを表します。一方の悪魔では、人として不良な状態であることが背景にあるため、心身ともに不健康な状態を表します。節制での摂生や節制が保てなくなることで、悪魔の不健康な状態になるというのが節制と悪魔の流れになります。外傷などの不健康な状態が死神であり、内傷や精神面での不健康な状態が悪魔となります。節制はその中間にあたります。


▼節制と対になる皇帝との比較

節制
節制
皇帝
皇帝

節制は物事の調和がとれた状態で、安定した環境などを表します。皇帝は権力が集中し支配体制が確立された状態で、安定した環境などを表します。どちらも安定した環境になりますが、節制では人の道徳的思想や背景が基準となり、皇帝では権力や支配体制という背景が基準となります。節制では、前の死神と次の悪魔に挟まれ、節制保たれなくなると危険を伴うという板挟みの状態であり、皇帝では、前の女帝と次の法王との協力を得て盤石な体制が確立されるという状態になります。節制では、無理のない自然な流れで調和が整うことを表し、節制では人の強制力が働くことにより調和が保たれるというような背景になります。このような状況を考慮して解釈することが大事になります。


▼節制正位置のイメージの捉え方


節制正位置のイメージ

▼節制 正位置のイメージ

節制の正位置は、人間本来の自然な姿を表し、穏やかで良好な状況や関係を表します。節制ができている状態であるため、心も体も健康的な状況にあることや、無理の無い状況にあることが背景となり、流れは良好で清々しい流れとなります。また、白と黒の中間点に答があるというのも大事な主旨となり、白黒はっきりつけることが大事なわけではなく、無理の無い中間点を取ることや折り合いを付けることの大事さを表します。人としてのモラルや道徳心にも焦点があたり、人道的な道を踏み外さないことや、人類愛などを共有していくことなども表します。


▼節制逆位置のイメージの捉え方


節制逆位置のイメージ

▼節制 逆位置のイメージ

節制の逆位置は、人間本来の自然な姿を見失ってしまったこと、穏やかで良好な状態から遠く離れてしまったことを表します。節制できずに何かに依存してしまっているような状況であり、自制心が効かなくなっていることや、心身ともに不健康な状態になってしまっていることが背景になります。また、白と黒の中間点に答があるというのも正位置と同様になりますが、否定的な意味合いではっきり答えが出せないという不毛な状況を表します。人としてのモラルに欠けることや、人道の道を踏み外してしまうこと、次の悪魔のような泥沼の状況に片足を突っ込んでしまうことも背景となります。


節制の中級解釈
節制の意味の補足事項

節制の意味の補足事項

節制の意味や解釈の内容に関しては、上記の内容が全てではありません。 この節制の意味に関しての内容は初歩的な内容であり、節制の意味を解釈する際の最低限の知識になります。 節制の絵柄から、カードが表しているものを適切に感じ取ることが、占いを実際にする際には非常に重要なことになります。


また、節制の意味や解釈の仕方は、タロットカードの種類や占い師によって内容が異なる場合があります。 使用するカードに合わせて、節制の意味や解釈の仕方は柔軟に対応してください。 このような柔軟で視野の広い考え方が、実際にタロット占いをする際には重要なことになります。


節制の意味の補足事項
節制(Temperance)

[死神の意味へ] [悪魔の意味へ]

 


きつねのタロット占いのご案内

きつねのタロット占いのご案内

時の運を掴む開運メルマガを配信しています。


きつねのタロット占いのご案内

.